施設やデイサービスでは様々な用具を使ってレクリエーションを行っています。

 

もちろん用具を使わないレクリエーションもありますが、道具を使うことによって何も使わないレクリエーションと違う運動や脳の活性化を図ることができますね(#^^#)

 

しかし、その用具を準備したり作ったりすることが、日々の業務や介護で忙しい職員さんには負担になることも多いです。

 

そこで今回は毎日手に入れることができて、手軽に工作もできる新聞紙を使ったレクリエーションを紹介します!

 

新聞紙はレクリエーションの道具に最適!

 

 

おそらく、新聞はどこのデイサービス施設にもあるものだと思います。

 

ところがこの新聞紙は、当日は情報を手に入れるためによく読まれるものですが、次の日になるとその情報は古くなり、ほとんど読まれることがありません。

 

折りたたんでもかさばりますので、古紙などでとっておいても場所をとります。

 

ただ、レクリエーションの用具として使うことができれば、施設としてもゴミが減ることになりますよね(#^^#)

 

高齢者にとっても新聞紙で楽しいレクリエーションができれば、みんなにとってうれしいことばかりです。

 

そんな便利な新聞紙をうまく活用し、楽しいレクリエーションをおこないましょう!!

 

【高齢者向け】新聞紙を使ったレクリエーション20選

 

 

ここからはおすすめの新聞紙レクリエーションを20個紹介します。それではどうぞ!

 

①引っ張りっこ

ルールは単純です。

 

参加者に向かい合って座っていただき、1枚の新聞紙を引っ張っていただくだけです。

 

簡単なレクリエーションほど、高齢者の身体機能のレベルに関係なくおこなえることができます。そして単純なゲームほどみんな集中してやってくださいますよ。

 

握力と上肢の筋力も鍛えられます。

 

レクリエーション介護(08)「ひっぱりっこ」【新聞で姿勢を良くする】

 

②新聞キャッチ

拳ほどの大きさに丸めた新聞紙を用意して、相手とキャッチボールの要領で新聞球を投げ合っていきます。

 

投げたりキャッチしたりするのに素手やグローブなどではなく新聞紙を使いますので、体全体のバランスを鍛えることができます。

 

動画では立っておこなっていますが、転倒の危険性が高い方には座っておこなうことをおすすめします。

 

新聞紙キャッチ

 

③新聞パズル

新聞紙をある程度の大きさでカットします。何枚かカットした新聞をシャッフルして、それを元に1枚の新聞紙にしていきます。

 

時間内に何枚できるか?でもよいですし、チーム戦でも盛り上がります。

 

カットされている個所の文字などを見る必要がありますので、観察力も養われます。

 

慣れてきたらカットする大きさを小さくしていってもよいですね。

 

児童の運動能力を高める運動遊び 「7.新聞紙遊び(パズル)」

 

④新聞丸めレース

広げている新聞紙を早く丸めて、より遠くに飛ばした方の勝ちになるレクリエーションになります。

 

時間内に投げる必要がありますが、投げるにはしっかりと丸めることも大事です。

 

時間をうまく使うか、自分の投げる腕を信じるか…(笑)

 

参加する高齢者の作戦が勝負のカギを握るので、白熱した試合になりますよ。

 

新聞丸め投げレース

 

⑤新聞相撲

小さいころに松の葉を使って引っ張り合いをされたと思います。

 

今もおこなうことはできますが、少しサイズが小さいことで高齢者には持ちにくくなっています。

 

松の葉の代わりに新聞紙を使うことで周りからもわかりやすく、高齢者も握りやすいゲームになります。

 

新聞の引っ張り合いと一緒で、こちらも握力と上肢を鍛えることができます。

 

【高齢者レクリエーション】レク職人シリーズ Part39「新聞相撲」

 

⑥魚釣り

新聞をある程度の長さにカットしておこないます。

 

釣り竿の代わりに少し固めの棒か、新聞紙をきつく丸めて棒状にしても同じように使用できるかと思います。

 

うまく釣り上げないとするすると新聞が逃げてしましますので、周有力を鍛えることに適しています。

 

デイサービスあすみる本日のレク

 

⑦新聞落としゲーム

新聞の切れ端を頭の上に乗せます。

 

動画ではティッシュを使っておこなっていますが、新聞紙でも十分に同じゲームをおこなえます。

 

ティッシュと違い新聞紙はやや重さがありますので、より肺活量が必要になります。

 

新聞紙のサイズを調整するか、強く吹いていただくか(その場合は酸素不足に注意して下さい笑)、調整を職員さんがお願いいたします。

 

【高齢者レクリエーション】ティッシュ落としゲーム

 

⑧新聞棒体操

日頃、杖を使っている方はこのような棒体操の時などに杖を使用することができますが、杖を使わない方は代用品に困ることがよくあります。

 

また杖を使うにしても長すぎて周りの方に気を使う場合もありますね。

 

新聞紙で棒を作れば、長さをある程度調節できますので便利です。

 

OTの知恵袋「新聞棒を使った体操」

 

⑨片手新聞丸め投げ

片手で新聞を丸めていただきます。

 

これですと片麻痺の方でもおこなえますし、丸めた新聞紙は次回は玉入れなどに有効活用できます。

 

それに「ただ丸めるだけ?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、長く丸めていくと意外に握力が鍛えられてよい運動になりますよ。

 

【高齢者レクリエーション】レク職人シリーズ Part109「片手新聞丸め投げ」

 

⑩新聞ビリビリ

これまでは上肢を使った運動やゲームが多かったのですが、こちらは足を使ったレクリエーションになります。

 

つるつるの紙と違ってインクが付いている分破りやすくなっていますので、筋力の低下した高齢者にも破りやすくなっています。

 

もしそれでも破りにくい場合には、少し切れ目を入れるなど配慮をお願いします。

 

デイサービスあすみる本日のレク

 

 

⑪棒サッカー

このゲームはチーム戦です。

 

椅子に座って1列に並び向かい合い、参加者は全員、新聞紙を丸めた棒を持ちます。

 

向き合った互いの足元にボールを置いてゲームスタート。新聞紙の棒のみを使い、相手のゴールにボールを運ぶゲームです。

 

ボールがある足元の空間が、棒サッカーのコートです。

 

サッカーと名がついてはいますが、ボールを蹴ってはいけません。

 

座ったままではありますが、白熱した試合になるでしょう。

 

デイサービスつくばらいふ熱狂乱舞の棒サッカー

 

 

⑫棒倒し

新聞紙の棒をつくります。

 

お手玉などで、新聞紙の棒を立たせるように固定しましょう。

 

棒の支えになっているものを1人1つずつ外していき、棒を倒してしまった方が負けになります。

 

慎重にやってみましょう。

 

レク 棒倒し

 

 

⑬棒投げ

新聞紙を丸めた棒を複数用意してください。

 

椅子に座った状態から、目の前にある箱にその棒を投げ入れていくというゲームです。

 

棒が箱に入れば、投げ方は両手でも片手でも、上投げでも下投げでも構いません。

 

ボールを投げるのとはまた違った感覚なので、慣れないうちは苦戦するかと思います。

 

体幹を鍛えることにもつながるおすすめゲームです。

 

レクリエーション介護 (04) 「棒投げ」【体幹を安定させADLアップ】

 

 

⑭カウボーイゲーム

新聞紙でリングをつくり、そのリングに紐を括り付けます。

 

床に複数のボールを置いておき、床のボール目掛けてリングを投擲しましょう。

 

リングの中にボールが入ったら、紐を引っ張って引き寄せていきます。上手く入ったボールがこぼれないように慎重に行いましょう。

 

引き寄せることに成功したボールの数がポイントになります。

 

お盆でカウボーイゲーム 高齢者 レクリエーション

 

 

⑮風船入れ

新聞紙を丸めた棒、風船、カゴを用意しましょう。

 

棒で風船を打って、カゴに入れることができればポイント獲得となります。

 

ちょっとゴルフを思わせるような感覚で行なうことができますが、力加減がなかなか難しいです。

 

風船と新聞棒を使った デイサービス レクリエーション

 

 

⑯輪っか拾い

新聞紙を丸めた棒を活用します。

 

床に紙で作った輪っかを設置し、その輪っかを棒を使って拾っていきます。

 

輪っかにも新聞紙を活用してもいいですが、色紙を使うと色を活かして「拾う色を指定する」などのアレンジもできます。

 

利き手とは反対の手を使うと難易度がアップします。

 

 

⑰何が見えるかなクイズ

新聞紙の中央に丸い穴をあけましょう。

 

その新聞紙の穴から物の一部だけが見えるように覗かせます。

 

利用者さん側から見て、その限られた情報から隠れているのが何なのか当てていただくゲームです。

 

視力の関係上見えづらい場合がありますので、少人数のグループに分かれて利用者さんの近くで行なうと見えやすいでしょう。

 

デイの備品などを活用し、グループ内で出題側と回答側に分かれていただくのもおすすめです。

 

(最初~00:25)

身近なもので楽しく遊ぼう♪新聞紙あそび

 

 

⑱バランスゲーム

新聞紙を丸めた棒を用意します。

 

それを手の平に載せて、バランスを保ち倒さないようにするというシンプルなゲームです。

 

安全のため椅子に座ったまま、絶対に腰を浮かせることなくやってみましょう。

 

思った以上に難しいですよ(>_<)

 

(00:26~00:48)

身近なもので楽しく遊ぼう♪新聞紙あそび

 

 

⑲新聞で物送り

動画ではタオルを使っていますが、新聞紙でも同じことができます。

 

新聞の両端を2人で持って、新聞から新聞に渡すように物を送っていきます。

 

送る物は風船のように軽い物が基本になってきますが、新聞紙を重ねればある程度の重さには対応できるようになります。

 

互いに引っ張り過ぎて新聞紙が破れてしまわないようにだけ注意しましょう。

 

デイサービスあすみる本日のレク🎵

 

 

⑳棒キャッチゲーム

利用者さんは椅子に座った状態、職員さんはその側で立った状態でスタート。

 

新聞紙を丸めた棒を用意します。

 

カウントダウンと合図と当時に職員さんは上の方から棒を落とし、落ちてきた棒を見事キャッチできるかどうかを競うゲームになります。

 

単純ではありますが反射神経が重要になってきます。

 

 

さいごに

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

新聞紙を使ったレクリエーションを20種類紹介しました。

 

説明文だけではよくレクリエーションの流れや動きなどがよくわからない場合は、動画を参考にして皆さんの働くデイサービスなどでできるようにアレンジしてみてください。

 

今回紹介した新聞紙のように、身近なものをレクリエーションの道具にすることは十分に可能です。

 

大きな費用もありませんのでたくさん用意して、高齢者にとって楽しいレクリエーションになることを期待しています。

 

こちらのレクもおすすめです!

こちら記事もおすすめです!