【高齢者向けおやつレク】簡単!!夏(6・7・8月)におすすめの手作りお菓子を紹介!

 

今回は、夏におすすめの手作りお菓子のレシピ集をご紹介していきます。

 

夏は暑い日が続くからこそ冷たいものを食べたくなりますね。

 

また、夏祭りもあるため、屋台で定番のお菓子も忘れてはいけませんので、夏のおやつレクにはそれらを取り入れるのがおすすめです。

 

どこか昔が懐かしくなるようなおやつから、利用者さんの世代にとっては新鮮に感じるかもしれないおやつまで幅広く揃えてみました。

 

それでは、さっそく夏におすすめなお菓子のレシピ集をご紹介していきます。

 

デイサービスのおやつレクでお困りの際はぜひ参考にしてみてください!

 

高齢者向け!!おやつレクに最適な夏(6・7・8月)のお菓子【12選】

①フルーツかき氷

かき氷は昔から親しまれている夏のおやつです。

 

削った氷の上にかけるシロップとしてはイチゴ、メロン、レモンあたりは定番中の定番で、食べた後は舌にシロップの色がつくのを見て笑うところまで幼い頃は楽しめていたのではないでしょうか?(*^^*)

 

今回はそんなかき氷にちょっとひと手間加えてみましょう。

 

氷は水を凍らせるのではなく、カットしたフルーツや100%のフルーツジュースを使います。

 

こうすることで、氷そのものから果物の味を楽しめるんです。かき氷機さえあれば、簡単にできるのでおすすめです。

 

【実験】フルーツ丸ごとかき氷にしてみた!

 

ジェラート

ジェラートはイタリア語で、「凍った」を意味する氷菓です。

 

見た目は「アイスクリームと何が違うんだ」と思う程、同じように見えますが、実は乳脂肪分に大きな違いがあります。

 

日本の規格ではアイスは「乳固形分15%以上」「そのうち乳脂肪分8%以上」とされています。

 

一方、ジェラートは「乳固形分10%以上」「そのうち乳脂肪分3%以上」というアイスミルクと言う商品に該当します。

 

アイスよりもヘルシーであり、近年人気を集めている物でもありますね。

 

自家製チョコレートアイス ジェラート Homemade chocolate ice Gelato

 

スイカゼリー

夏の果物と言えば、スイカは欠かせません。

 

種を飛ばして遊んだ記憶のある方も見えるのではないでしょうか?(*'▽')

 

田舎の方に話を聞くと、畑で取れたスイカを井戸水や川の水で冷やしていたというエピソードが聞けることも珍しくはありません。

 

そんなスイカを活用したひんやりして美味しいゼリーです。丸ごと使うという夢のようなレシピです。

 

ぷるるん♡スイカゼリー C CHANNELレシピ

 

フルーツポンチ

カットしたフルーツを入れた容器にサイダーやシロップを入れたもので、子どものおやつとしても人気です。

 

元々はお酒を入れていたようですが、現代では世代問わず楽しめるように、アルコールを一切使わない物も多くなっています。

 

そんなフルーツポンチに夏らしくスイカを取り入れてみましょう。ひんやりしていて美味しいですよ(*^^*)

 

How To Make Watermelon fruit punchスイカのフルーツポンチの作り方

 

スイカ寒天

寒天は海藻から生まれたヘルシーな食べ物でもあります。

 

寒天に含まれる食物繊維はお通じに良いのは有名ですが、動脈硬化などを予防する効果もあると言われています。

 

そんな寒天は基本的には無味無臭なので、様々な組み合わせが可能です。

 

今回は夏らしくスイカを活用してみましょう。

 

失敗しないスイカ寒天の作り方 How to make watermelon agar

 

綿菓子

お祭りの定番の屋台の1つですね。

 

キャラクター物の袋に釣られたお孫さん・ひ孫さんにせがまれた経験がある方も見えるかもしれませんね。

 

そんな綿菓子はコツはいりますが綺麗にできると嬉しいものです。

 

機械が必要ではありますがパーティーグッズ程度の物であれば比較的安価な物もありますし、夏祭りレクとしてレンタルしてみるのもありですよ(*^^*)

 

綿菓子の上手な作り方。綿菓子機レンタル.com

 

ポップコーン

映画館で売れられている定番のお菓子ですが、材料はその名のとおり夏野菜のトウモロコシです。

 

旬の野菜を使ったおやつとしても楽しめますが、油も使うため注意して取り組む必要はありますね。

 

思った以上に簡単にできるメニューなので楽しめそうです。

 

ポップコーンの作り方

 

りんご飴

屋台でよく見かけるお菓子ではありますが、1つ買うとなかなかのボリュームです。

 

そのため、お祭りに行ってもなかなか手が出ないという方も見えるでしょう。

 

そんな場合は、適当な量にカットしてしまえば適量を楽しむことができます。室内で作るからこそ取れる手段であると言えるでしょう。

 

りんごを使った場合と同様の方法でイチゴなども飴にできるので、色々試してみても良いでしょう。

 

1個 400kcal 着色料を使用しない りんご飴

 

わらび餅

夏に食べたくなるひんやりして美味しいわらび餅。

 

夏休みシーズンには地域差もあるかとは思いますが、移動販売も見かけることがありますね。

 

そんなわらび餅も意外と手軽に食べることができます。きな粉と黒蜜の相性はやはり抜群ですよ!

 

プロが教える 簡単わらび餅の作り方☆彡 (黒糖蜜) レシピ付き!

 

水ようかん

ひんやりして美味しい水ようかん。

 

冷たさと餡子の甘さがたまらないお菓子で、いくらでも食べたくなるような魅力を持っていますね。

 

冷たいお茶と一緒に出すと、それだけで画になるような気がしてきます。

 

ちなみに、夏のお菓子のイメージのある水ようかんですが福井県では冬に食べる物だそうです。このような地域による文化の違いも面白いものですね。

 

水ようかんの作り方 japanese dessert recipe あんこやの和菓子レシピ

 

そうめんのチーズ煎餅

そうめんは夏によく食べられるメニューであり、全国の小中学生が毎日のように昼食に出されるそうめんに飽きてきている光景も目に浮かぶようです。

 

たしかに、そうめんは美味しくて夏にぴったりなメニューなのですが、流石に飽きが来るものですし、夏も終わりに近づいているのに余ってしまったなんていうことも珍しくはありません。

 

そこで、今回はそうめんを活用したお菓子のレシピです。なんと、そうめんを揚げるという予想外の活用をしています。

 

お酒を飲む方にとってはおつまみとしても合いそうなお菓子です。普段とは違ったそうめんの一面が見られるメニューですね。

 

パリっパリ(バリボリw)そうめんでベビースター風チーズせんべいの作り方【kattyanneru】

 

アメリカンドッグ

コンビニのレジ前でも売られているメニューですが、お祭りの屋台でも良く見かける存在でもありますね。

 

中にソーセージまたは魚肉ソーセージを入れているのですが、衣がほんのり甘いためご飯系のような、お菓子のような何とも言えない魅力もあります。

 

自宅で作る場合は、ホットケーキミックスが使われるのが一般的です。

 

この方法なら施設でのレクとしても取り入れやすいでしょう。

 

【簡単家庭料理】ミニアメリカンドッグ!子供も大人も大好き!サクサクふわふわ!

 

さいごに

 

このように夏のおやつレクには、夏らしいひんやりしたメニューや、夏祭りの楽しさを連想できるおやつを取り入れるのにぴったりな時期であると言えます。

 

ただし、いくら暑いからと言って冷たい物の食べ過ぎは逆に体を壊すことになってしまうため、量は程々にできると良いですね。

 

夏なので冷房が効いた部屋でおやつレクに取り組むことになるかと思いますが、高齢になると若い頃よりも冷えを強く感じやすい面もあるため、体を冷やし過ぎないように配慮する必要もあるでしょう。

こちら記事もおすすめです!