【野球ルールクイズ 上級15問】難問問題!!全問解けたら野球マスター認定!

 

高校野球や日本のプロ野球はもちろん、「二刀流」大谷選手の活躍でアメリカ大リーグも注目を集めるなど、野球は今でも人気の高いスポーツです。

 

しかし、簡単なルールはしっかり把握していても、細かいルールとなると意外と分からない方も多いのではないでしょうか?

 

今回の野球ルール上級編!!3択クイズに挑戦して、野球のルールを確認してみてください(#^^#)

 

それではどうぞ!

 

初級編がまだという方はこちらをどうぞ!

 

難問!!野球ルールクイズ【上級問題 全15問】

 

第1問

走者がいない場合、ピッチャーはキャッチャーからボールを受けてから〇〇秒以内に投球しないと「ボール」を宣告される。〇〇にはどれが入る?

 

15

20

③ 25秒

 

 

第2問

では、打者がバッターボックス内でなかなか打撃姿勢をとろうとしない場合はどうなる?

 

① ピッチャーが投げるのを待ち続ける

② ピッチャーが球審に、打者へ注意するよう促す

③ 球審がストライクを宣告する

 

 

第3問

メジャーリーグでよく見られる、ピッチャーが手に唾を付ける行為。日本のプロ野球では?

 

① 禁止

② 禁止ではない

③ 禁止ではないがマナーとしてやらない

 

 

第4問

ランナー1、3塁で、ピッチャーにボークの宣告。ランナーはどうなる?

 

1塁ランナーか3塁ランナー、どちらかが進塁できる

1塁ランナーのみが進塁して、3塁ランナーはそのまま

③ 1塁ランナーも3塁ランナーも進塁。得点

 

 

第5問

ピッチャー以外にボークを宣告される可能性のあるポジションは?

 

① ない

② キャッチャー

③ ファースト

 

 

第6問

次に打席に立つ打者が待機する場所をなんと言う?

 

① ネクストバッターズサークル

② ネクストバッターズスクエア

③ ネクストバッターズプレイス

 

 

第7問

打者がバッターボックスから足をはみ出した状態でホームランを打った場合、記録はどうなる?

 

① ホームラン

② アウト

③ ノーカウント

 

 

第8問

インフィールドフライが宣告された打球を、守備側がミスから落球してしまった場合、バッターだった選手はどうなる?

 

① 打ち直し

1塁に出塁

③ アウト

 

 

第9問

2アウト満塁からサヨナラ逆転ホームラン。しかし喜びのあまり、1塁ランナーが1・2塁間でホームランを打った選手を待って抱き合い、体を入れ替えました。この場合、打った選手はどうなる?

 

① どうもならない。そのまま進塁できる

② アウトになる

③ 進塁できず、1塁に戻る

 

 

第10問

では「問題9」の場合で、打った選手の打撃記録は

 

① ホームラン

② アウト

③ シングルヒット

 

 

第11問

審判の判定に異議がある時に、監督がビデオ映像による検証を要求できる制度。大リーグでは「チャレンジ制度」というが、日本では何制度と言う

 

① リクエスト

② アンコール

③ チャレンジ

 

 

第12問

2018年シーズンから日本プロ野球にも導入された「申告敬遠」。打席途中でも可能?

 

① 可能

② 不可能

③ 場合により違う

 

 

第13問

1アウトランナー1・3塁。バッターの打球はショートライナーで、捕球した遊撃手は1塁に送球して2塁に向かっていたランナーのアウトも取った。しかしその前に3塁ランナーはホームへ生還。守備側はそのままベンチに戻り、次の回へ進んだ。この場合の得点は

 

① 0点

② 1点

③ 2点

 

 

第14問

メンバー表の打順と間違えて、本来5番打者が間違って4番打者の打席に立ちホームランを打ちました。その後すぐに相手チームから指摘があった場合どうなる?

 

① 本来4番の選手がアウト

② 間違って打席になった5番打者がアウト

③ ホームランのまま

 

 

第15問

では同じく打順を間違えて打席に立った時、途中で指摘された場合の問題です。正しい打順の打者と交代になりますが、カウントはどうなる?

 

① 最初からやり直し、00から

② ペナルティとして2ストライク・ノーボールから

③ カウントはそのまま継続

 

難問!!野球ルールクイズ【答え合わせ】

 

第1問 ① 15秒

 

答えの解説

 

2006年までは20秒以内に投球することとされていました。

 

 

第2問 ③ 球審がストライクを宣告する

 

答えの解説

 

主に試合時間短縮が目的のルールです。

 

 

第3問 ① 反則

 

答えの解説

 

ボールに唾や土など異物を付けるのは禁止行為となっています。

 

 

第4問 ③ 1塁ランナーも3塁ランナーも進塁。得点

 

答えの解説

 

ピッチャーにボークを宣告された場合、塁上の走者全員にそれぞれ1つずつ安全進塁権が与えられます。

 

 

第5問 ② キャッチャー

 

答えの解説

 

ピッチャーが投手板を外さずに投球した場合、キャッチャーがフェアグラウンドに飛び出して捕球すると打撃妨害に加えてボークを宣告されます。

敬遠やランナーを刺そうとした時に、起こりえるプレーですね。

 

 

第6問 ① ネクストバッターズサークル

 

答えの解説

 

名前の通り「円」の形をしている場所です。

座って待つことがマナーとされていますが、ルールとして定められてはいません。

 

 

第7問 ② アウト

 

答えの解説

 

打者がバッタースボックスから片足・あるいは両足が完全にはみ出ている状態でバットに打球を当てた場合、それは「反則打球」となります。

 

 

第8問 ③ アウト

 

答えの解説

 

その打球が捕られようと落とそうと、インフィールドフライが宣告された時点で打者はアウトになります(ファウルボール除く)。

 

 

第9問 ② アウトになる

 

答えの解説

 

後の走者が前の走者に先んじた場合、追い抜いてしまった選手はアウトになります。

例え待っていた前のランナーに過失があっても、追い抜いた選手がアウトとなります。

 

 

第10問 ③ シングルヒット

 

答えの解説

 

追い抜いた時点でアウトになるので、記録上はシングルヒットになります。

このシチュエーションは2004年9月20日の日ハム対ダイエー(当時)戦で実際に起こりました。

満塁ホームランを打ったのは新庄剛志選手、1塁ランナーは後に2千本安打を達成した田中幸雄選手です。

 

 

第11問 ① リクエスト

 

答えの解説

 

リクエストは1試合で2回失敗が認められます。

要求で判定が変わった場合は、回数は減りません。

 

 

第12問 ① 可能

 

答えの解説

 

何球か投げたあとからでも、申告敬遠は可能です。

申告敬遠することで次の打者の準備を早くさせたり、戦略としても使われそうですね。

 

 

第13問 ② 1点

 

答えの解説

 

2012年の全国高等学校野球選手権大会、済々黌高校対鳴門高校で実際に起こったシチュエーションです。

守備側は1塁に投げてアウトにした後でも、3塁にボールを投げて3塁走者アウトにし、いわゆる「第3アウトの置き換え」を申告するとアウトになります。

 

 

第14問 ① 本来4番の選手がアウト

 

答えの解説

 

「間違えられた選手」がアウトになります。つまり問題の場合だと、4番打者がアウトになります。

 

 

第15問 ③ カウントはそのまま継続

 

答えの解説

 

間違えて打席に入っていた選手のカウントがそのまま引き継がれます。

 

 

以上、難問野球クイズ終了です!

 

ふだんは何気なく見ている野球も、色々と細かいルールがありますね。

 

解答欄で紹介していますが、中には実際に起こった珍しいプレーとしてスポーツ番組で紹介されたルールもあります。

 

色々なルールを把握することで、さらに野球観戦も楽しめるのではないでしょうか。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!

こちら記事もおすすめです!