【長生きは不幸の始まり?】長生きは幸せなのか。それとも迷惑なのか。

 

今日はちょっとお堅いテーマでお送りしようと思います。

 

そのテーマは、ずばり『長生き』について。今や、『生涯100歳』とまで言われるようになった長寿大国である日本。

 

ネットやテレビでは・・・

 

『100歳からの人生』、『100歳のための年金』、『100歳時代の生き方』

 

…なんて、言葉たちが飛び交うほど、『長生き』への関心が高いように思います。

 

1990年代に『きんさんぎんさん』という長寿の双子姉妹がとても有名になったことで、当時も『長生き』への関心も高まっていたように記憶しています。

 

きっと誰もが1度は、できるだけ、すこしでも長く『生きていたい』そう思ったことがあるのではないでしょうか。

 

今回は『長生き』というテーマを、私自身の意見や思いを添えて、お届けしたいと思います。

※かなり個人的な意見が多くなってしまいました(>_<)

 

賛否両論あるテーマかと思いますので、こんなことを考えている人がいるんだな、という程度に読んでもらえれば幸いです!

 

日本は世界一の長生き大国になった

 

 

健康番組やニュースでよく耳にする『長寿大国日本』というフレーズ。

 

実際のところ、本当に長寿国であるか調べました。

 

以下は、WHO(世界保健機関)が発表している『世界保健統計』という資料を参照しています。

 

まずは、『平均寿命』の上位10ヵ国です。

引用:世界人口、健康寿命ランキング - WHOUNFPA

 

日本の『平均寿命』については、世界の中でもトップであることが分かります。

 

資料の中で、『平均寿命』とは別に『健康寿命』というデータも見つけましたので、こちらもご紹介します。

 

『健康寿命』とは、『日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと』とあります。

 

引用:世界人口、平均寿命ランキング - WHOUNFPA

 

こちらの『健康寿命』においても、日本が世界でトップであることが分かりました。

 

巷で言われている『長寿大国日本』というフレーズは間違いなく正しいことが分かります。

 

あなたは『長生き』したいですか?

 

 

『平均寿命』・『健康寿命』共に世界でトップである日本。

 

多くの方が『長生き』している日本、そんな日本で暮らしている私たち。

 

みなさんは『長生きしたい』ですか?

 

『長生き』の定義や捉え方がひとそれぞれ違うと思いますし、それぞれの背景や環境があるので、とても難しい問いかけですよね。

 

私は正直言って、『長生きしたい』です。

 

けど、病床に臥せた状態になってまで、『長生きしたくない』です。

 

わがままですよね?

 

けれど、これで良いと私は思っています。

 

将来の自分がどうなっているのか、分からないけれど、

やりたいこと、挑戦してみたいこと、見たいもの、聴きたいもの、たくさんあるんです。

きっとこれからもどんどん増えていくと思います。

 

限られた時間の中で、やりたいことを優先順位をつけて、取捨選択して生きています。

 

だから、『長生きしたい』のです。

 

でも、誤解を恐れず言うのであれば、病床に臥せた私には『延命措置はしないで』欲しいんです。

 

わがままな私は、元気な私で『生きたい』のです。

家族や親せきに迷惑をかけたくないですし、友人知人に弱った私を見せたくないのです。

だから、病床に臥せた状態で、長生きしたくありません。

 

きっと、この思いも、今の私だから考えられる思いであることも分かっています。

 

将来、結婚をし、子供を育てていく。

そんな環境の変化がきっと私の思いをも変えていくんじゃないかなと思っています。

娘や息子の立派に育った姿を見届けたい、とか。

余命が分かったとたんに、思いを覆してでも抗おうとするかもしれません。

 

そんな不安定で、感化されやすく、ちっぽけだけど、すごくシンプルな思い。

 

こんなシンプルな思いで、私は『死』や自分自身の『長生き』について、考えていたりします。

 

みなさんはどんな思いで向き合ったり、考えたりしていますか?

 

長生きするのは幸せなこと?

 

 

突然ですが、『長生き』=『幸せ』なのでしょうか。

 

私の場合は・・・

無為に生きながらえても、きっと楽しくない。

一緒に分かち合える仲間がいなくなっていくことは、とっても寂しい。

無為に『生きてる』だけじゃ、虚しい。

目的がなかったら、それこそ、『死んでいる』のと同じかもしれない。

 

そう最近は考えるようになりました。

 

なので、私としては『長生き』≠『幸せ』と考えています。

 

みなさんにも色んな欲求があると思います。

 

美味しいものを食べたい、綺麗な洋服を着たい、趣味を楽しみたい…

 

そんな欲求を少しずつでも叶えていくことが、生きていくことにつながり、生きることの一部だったりするんじゃないかと、思います。

 

『長生き』することで、より多くの時間を得ることができ、定年退職後に、スローライフへ移行したり、夫婦連れだって旅行に出掛けたり、趣味に没頭したり、と満喫した老後を送っている方たちが周りにいます。

 

とても憧れます。

 

しかしその傍ら、身寄りがないことや歩行に支障がでてきたことで老人ホームなどの施設への入所、デイサービスなどを利用している方々もいらっしゃいますよね。

 

私もその環境に携わっているのですが、それこそ様々な環境にある方たちとお会いし、いろんなお話を聞かせてもらったことはすごくいい経験になっています。

 

今は、様々な老後の形や姿がありますよね。

 

将来の自分は、どんな生活を送っているんだろう。

定年後の資金繰りは大丈夫なのか。蓄えは?年金は?保険は?

家族・親戚とのつながりはあるのか。連絡は取れる?定期的に交流があるか?

余暇や趣味を満喫できる体力や気力はあるのか。

そもそも、健康でいられているのか。

 

このような、見えぬ将来を必要以上に恐れるよりも、『今』を積み重ねていくことが大事なんじゃないかなと思います。

 

まとめ

 

ここまで、ご覧いただき有難うございます。

 

今回は、『長生き』について、お届けしましたが、いかがでしたでしょうか?

 

今回の内容を簡単にまとめると

・日本は『平均寿命』、『健康寿命』のどちらも世界でトップ

・私は『長生き』したいけど、臥せてまで『長生きしたくない』という考えを持っている

・『長生き』≠『幸せ』、『今』感じている欲求を満たしていこう!

という内容でした!!

 

長々としているうえ、私の思いだらけの記事になってしまいました(*_*;

 

微々たる参考にさえもならないかもしれませんが、ここまで読んでいただいた方々、本当にありがとうございます。

こちら記事もおすすめです!